乳首が黒くなる本当の理由について

乳首が黒くなる本当の理由


乳首の黒ずみに悩んでらっしゃる女性は多いようです。乳首が黒いと遊び人だと思われてしまうこともありますので、外見だけでなく印象も悪いのが悩みどころです。ここでは乳首の黒ずみの原因と改善法をご紹介しましょう。

乳首が黒い女性


乳首が黒くなる原因は?


俗説に『乳首が黒くなるのは遊んでいるため』というものがありますが、それは間違いです。乳首は外部刺激や摩擦などによって黒くなることはほとんどありません。また、もともと乳首は赤ちゃんが母乳を吸うときに目印になるように色素が沈着しやすい部位です。しかし、成長に伴うバストの発達以外にも黒ずみの原因はあります。具体的には以下のようなものがあります。

1.加齢

年齢を重ねると肌の新陳代謝が悪くなり、メラニンをそぎ落とすための肌のターンオーバーが鈍くなります。するとターンオーバーにより削れるはずの古い角質細胞とメラニン色素がそのまま肌に残ってしまいますので、乳首が黒ずんでしまうのです。

2.妊娠

女性は妊娠してしばらくすると、身体が自然と母乳を出すための準備を行います。その一つで、妊娠3ヶ月辺りを過ぎると、乳首が徐々に固くなってきます。乳首が硬くなると自然とその周りの皮膚が厚くなり、それに伴って黒ずみの原因となるメラニン色素が定着するのです。

乳首の黒ずみを改善するには?


黒ずみの改善法は色素の原因となるメラニンを除去することです。メラニンは自然と体内で生成される上、一度定着した成分は容易には取り除けませんので、専用の薬品を使用することになります。メラニン除去に有効な成分にハイドロキノンがあります。ハイドロキノンはメラニン色素を構成するメラノサイトを減少させるだけでなく、新しく生成するメラニン酵素の働きを抑制する働きがあります。ただし、ハイドロキノンは非常に強力な漂白剤ですので、使用量を誤ったり、顔などの肌の薄い部分に使用すると白斑ができてしまいますので、注意して使用しましょう。

よく読まれている記事